忍者ブログ

マンション・住まい業者比較

マンションの賃貸・中古情報を中心に発信していきます。

12/12

Tue

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/15

Tue

2011

マンション購入後の人生設計:60歳の定年退職後に1億円近い生活費がかかる


頭金づくりで口ーン返済生活の予行演習をしておく。
マンションを購入する際には、有利となる金融資産で頭金を作るのがおススメ。


頭金として、購入価格の23~26%の自己資金が必要である。
こちらが用意できていない人は、まずは計画的に預金をして作ることが大前提となる。
一般的には、1~3年程度で用意できると思われるが、このように確実に頭金を溜める習慣を付けることで、購入後のローン返済生活の予行練習となるのでぜひ行って欲しい。
「マンション購入の頭金」を用意するためには、できるだけ効率よく用意しておきたいもの、元金が保証される金融商品の中から、できるだけ利回りがよく、かつ住宅購入時に有利になるものを選択するのが賢い。

たとえ利回りが良くても、決して元本割れの可能性がある金融商品を選ばないようにしたい。
元本保証であることは、購入後のローン返済生活の予行練習をする上でも大切である。
3年以内に買おうと考えている人なら、財形貯蓄や住宅積立郵便貯金を活用するのがよい。
財形貯蓄なら購入時に財形融資を利用でき、住宅積立郵便貯金も公庫割増融資を利用できるためである。

【一戸建て 亀有】 JR常磐線 亀有の一覧(1ページ目) | ホームズの中古一戸建て購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


将来の家計をシミュレーションする。
マンション購入の際には、現在の家計だけではなく20年後、30年後の家計がどうなるかまで生活設計をシミュレーションしておきたい。


もちろん正確な予測は難しいので、現在の家計からある程度の予測で構わない。
重要なのは、年次ごとに家計の黒字が維持できている、という点である。
まれに単年度では赤字になることは、特に問題ではないが、それまでの貯蓄残高でカバーできているか確認しておく。

基本的には、常に半年分か1年分程度の生活費は確保できるようになっているのがよい。
その上で40代から50代になったときに、老後に耐えての貯蓄も徐々に増やしていけるようになっていることも大切である。
マンション購入時の年齢や勤務先の経常状況にも大きく左右される要素であるが、若い人の場合には、年収は113 % のアップで計算してもよいかもしれない。
一方で年配の人だと収入アップを見込まない形で計算するのがよい。
また、小さな子どもがいる家庭の場合には、教育費や食費の支出のアップ率は少し高めに設定しておく。
1説では、60歳の定年退職後に、夫婦が平均寿命まで生きるとすれば、1億円近い生活費がかかるといわれる。
ある程度の年齢に達した時に、その点も考慮に入れた生活設計が重要となる。

戸建と違い、マンションの場合、契約解除は売主に有利

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
こだてちゃん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright © マンション・住まい業者比較 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]