忍者ブログ

マンション・住まい業者比較

マンションの賃貸・中古情報を中心に発信していきます。

12/12

Tue

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/15

Tue

2011

マンション購入における諸経費は「各種の税金」「ローン関係費用」「引っ越し関係費用」の3つ


住宅ローンは公庫中心から民聞にシフトする。
マンション購入に当たっては、金利の見きわめが重要なポイントになる。


一般には価格が1割下がっても、金利が1%上がれば、ローンの返済負担は変わらないといわれる。
バブル崩壊後は住宅金融公庫の基準金利が2.0%と「超低金利時代」になっている。
基本的には、景気回復に合わせて、金利上昇も本格化する。
その点では、金利が低いうちにマイホームを取得するのは、正しい考えてである。
低金利で固定金利型の公庫融資は、長く住宅ローンの主役であった。

しかし住宅金融公庫は、原則的に直接融資を廃止することが決まっているために、最近の住宅ローンでは、都市銀行などの民間金融機関に比重が移りつつある。
公庫に代わる民間の受け皿が広がりつつある。

マンション購入の売り文句「ローン金額が家賃並み」以外にかかる出費とは?

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンション購入:頭金以外の諸費用(各種税金、ローン費用、引っ越し費用など)はどれくらいかかるのか。
マンション購入において、頭金にばかり気を取られて諸費用の負担を忘れていると、資金計画の足元をすくわれることになる。
マンションの契約をする際には、販売会社から必要な各種の経費について一覧表がもらえる。
その一覧表を元に、いつ、どんなお金が、いくら必要か、というのを確認することができる。
頭金以外にも、確実に準備しておかないといけない。
諸費用は大きく分けて「各種の税金」「ローン関係費用」「引っ越し関係費用」の3つになる。

◆各種の税金。
税金は、売買契約時やローン契約時にかかる印紙税と登記するときにかかる登録免討税、そして納入後に必要になる不動産取得税などがある。

◆ローン関係費用。
ローン費用としては、ローン契約時に必要になる事務手数料と保証会社に支払う保証料、そして火災保険料、地震保険料などがある。
3700万円の新築マンションを購入する際の目安としては、以下のようになる。

・購入価格:3700万円。
・登記・税金関係:21万円。
・住宅ローン費用:61万円。
・火災保険料・地震保険料:30万円。
・引越し代:26万円。
・修繕積立基金:34万円。
・耐久消費財購入:116万円。
・その他:2万円。
・合計:3990万円。



◆引越し関係費用。
引っ越し専門業者に依頼する費用のほか、照明器具、カーテン、各種の家電製品などの耐久消費財の支出も含まれる。
ついつい耐久消財の支出が増えがちになるので気をつけたい。
あらかじめ何をどこまで揃えるかは、専門点にて予算のあたりを付けておくのがよい。

◆その他。
中古マンションの場合には、仲介会社を通して購入するのが一般的。
仲介手数料の負担も認識しておく。
「購入価格×3%十6万円] ×1.05という式で計算できる、それなりの額になるので注意しておきたい。

【マンション 大阪市城東区】 大阪市城東区の物件一覧リノベーションマンション特集 | ホームズの中古マンション購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
こだてちゃん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright © マンション・住まい業者比較 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]